さすらいズム・シティ
とりあえず日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年越しうどん野郎
どうも、蕎麦アレルギー代表のやまさんです。
蕎麦アレルギーなもんで下手に外にうどんも食べられない身ですのよ。
自分のアレルギーがどれほどのものか解ってなくて、蕎麦製品を知らずに食べた時は謎の奇病と思い慌てたのは良い思い出…
でっかい注射2本刺されるのをボ~っと見てた記憶がございますことよ。

とりあえず今年は弟の結婚。
交通事故での愛車の大破。
身内っちゅうか、ぶっちゃけ姉の悪徳商法による被害(約100万円)
この姉の奇行による問題。鬱かな?アルコール中毒もありますね。
約一週間に渡る腰痛。これはタイミング的にマジびびった。

あんま良いこと無かったし、まだこれから解決しなければならない問題もありますね。
来年はこれらの問題をすっきり解決出来たらな~と思います。
何事も無く平穏無事に過ごすのが夢ですね、小さい夢ですが…

とりあえず免許更新のハガキも来ましたし、近い内に眼鏡買わないとな…
せっかくだからカッチョイイ眼鏡が欲しいな~。
それと私は年男でもあります、来年で24歳じゃ~い!

それではこの素晴らしくも神々しいことは微塵も無い日記を見てくださった皆様、
良いお年を!
スポンサーサイト
うぃっち
おいっす!
ウィッチエエね。
コンパイルのキャラクターはデザイン、設定全てにおいて良かった!
最近のゲームはもっとキャラクターを愛すべきだと思う。
だきまくら
みなさんこんばんは、抱き枕愛好家のやまさんです。
キャスパーの抱き枕、CAVE…行くところまで行きよったな。
そんなCAVE……好きだぜ!

30日開催のケイブ祭りの販売物カタログが更新されてますね。
入場の際には整理券が配られるらしく、その辺りの詳細もリンク先で自分で調べてくださいな。
サントラも限定でなくなったが、弟には黙ってるので本気で買って来いと。
その他ではキャスパーのパンチラポスター辺りも注文。私は変態ですから。

ウルフ金串
我が愛用の抱き枕「ウルフ金串」、もう一目見たときから購入決定。
どうしても眠れない時などは重宝します、横になっても腕が痺れない優れもの!
肌触りもとても良いので、顔をすりすり良い気持ち。
いやさすがに美少女キャラモノの抱き枕は使ってないですよ。
株式会社サンタン」ってとこの品のはず、確か堺駅周辺に店があったかな?
てかこんな店に平気で入ったらめっちゃ浮きました、だが気にしない。
自分の勤めてる会社のホームページを初めて見た
存在は知っていたけど今まで見たこと無かったので見てみた。
http://www.fujiwaraunyu.com/index.htm

すげえ!結構凝ってる!!生意気にFlash Player必須!!!(何故そんな仕様に!?)
写真は見たことある景色があるぜ!(当たり前)
俺写ってるかも!?(無かったです…)
格好良い事書いてるぜ!「安全且つスピーディに」って、ただ皆がせっかちなだけだ!

ちなみに私は港湾運送事業の大阪支店 船内作業課って所に寄生しとります。
AV男優とか宇宙飛行士と思ってたら大間違いです(誰も思ってね~よ)
FF6のエンディング聴いてたらまたやりたくなった
茶色い雰囲気が良かったね
ファイナルファンタジー Ⅵ オリジナル・サウンド・ヴァージョン
作曲は植松伸夫氏

なんかスクウェア続きですね、ぶっちゃけ私が昔スクウェアっ子だったんですが。
とりあえずエンディングの「Ending Theme 蘇る緑」から聴きましょう、絶対にもう一度やりたくなるはず。
やる時間無いって方も、このサントラ全曲聴きたくなるのは間違いないでしょう。
全キャラテーマのアレンジをメドレーで流すんですが、これが良いんですよ。この音楽無くしてこのエンディングは在らず。これまでの長い旅と、それぞれのキャラクターの思い出に浸れ!
私の中では最強のエンディング曲ですね。とりあえず21分半の間、感動に浸れます。エンディング内容脳内再生可能。通勤時に運転しながらFFⅥクリア気分。
色々思い出しますよ、何故か晩飯時にクリアしてしまい「早よ来なさい!ご飯冷めるで!」としつこく呼ばれても、スタッフロール終わるまで粘ったのは良い思い出。後に残るは感動と冷めた飯。
シャドウの場面の音楽はマジ泣ける…初め助け方知らんで死亡さしてたし…

ボスの戦闘音楽がいいですね、「The Decisive Battle 決戦」は、友人の兄貴がやってた時に初めてFFⅥを見て感動した曲。丁度ナルシェでスノードラゴンと戦ってました、そのままウーマロ倒すまでゲーム代わってくれなかったけど、見るのが好きな大人しいお子様だったので見てるだけで楽しかったですね。
実は初めてFFプレイしたのもⅥだったりするRPG知らない子だったのですが、それから当分RPGしかやらなくなりましたね。とりあえずこの独特な緊張感を与えてくれる曲はこれだけですね、この冷たい感じはまさにFFⅥの世界観とよく合ってます。
大ボス戦「The Fierce Battle 死闘」も凄い、もうまさに「我が名はアルテマ」!(意味不明)
とりあえず強いボスな音楽ですね、流れる数は少ないけどすぐに脳内に焼きつく名曲。
後の7とか8にも似た感じのフレーズがあるので、PS時代の植松伸夫が好きな方にも聴いて欲しいですね。
東方の「U.N.オーエンは彼女なのか?」的な音楽好きな方にもお勧めかも?というか東方聴き専な方はもっと他の音楽も聴くべき。
「Dancing Mad 妖星乱舞」これってケフカの前のボスの曲含めてこれだったんですね…
とりあえず全形態を分けろとは行かないまでも、ケフカ部分だけでも分けて欲しかったですね、残念よ…
全体的にパイプオルガン主体で、SFCのラスボスな雰囲気満点な曲。天野喜考氏が描く、おどろおどろしくも神々しい雰囲気にベストマッチ。というか天野喜考には植松伸夫の曲しか考えられん、この二人無しではここまでFFは繁栄しなかったはず。
ケフカ部分は凄い…いきなりタイトル部分の音楽が流れて、激しいドラムとともに来ますね!
展開もコロコロ変わるし、まさにこのケフカの雰囲気をそのまま表した名曲、ループ部分の笑い声には鳥肌立ちますね!個人的に第二形態の部分も好きです。

他にも語りつくせぬほど書きたいことあるけど、とりあえずイベントシーンでの曲の使い方が上手かったですね。荒廃した世界から仲間を探すために飛び立つファルコン号の発進で流れ出す「Searching Friends 仲間を求めて」には鳥肌が立ちました。これがまた格好良いんですよ。
個人的に初めてプレイしたこともあってFFではⅥが好きですね、何故今までサントラ買ってなかったんじゃアホってな感じ。またやりたくなったけどすぐにセーブ消えるしな…。電池交換しないといかんかのう…
PS版とGBA版はどんな感じですかね?追加要素とかあったらやってみたいけど、音楽と効果音が違ってたら嫌だな…
けんかはいかんよ
会社の先輩のおっさんと、社長の親戚の婿養子が激しい喧嘩をしました。
私は仲裁で必死、とりあえず大人気ないですね。
前から衝突するとは思ってたけど、とうとう今日爆発しましたね。
この婿養子が鬱陶しい奴で、親の七光りで調子こいたあほ。
目上とかいう単語を自分でしょっちゅう使う奴にはロクなやつはいません。
自分はそんなのは嫌いとか言ってるけど、明らかに七光りオーラまとってます。
喧嘩だって、親と言う後ろ盾があるから出来る事。
親の方は迷惑してるみたいですが、実の息子じゃね~しな。
でも親が会社の偉いさんならクビにならないですからね~、周りがそう扱うし。
喧嘩の最中に「○○さんに言うぞ!」とか情けない…
私みたいな後ろ盾もクソもない人間は、腹が立っても喧嘩出来ません。
今更転職も考えたくないし、ここで身に着けた技術が勿体無い、生活掛かってるしな。
でもさすがにおっさんの顔殴られた時はキレかけましたね、婿養子が先に手を挙げやがった。
でもキレたおっさんのパンチが婿養子に当たらないように止めるのに必死。
当たればおっさんの立場が悪くなる、それだけは避けたかったんで。
世話になってるし、もうちょっとで定年なんだからトラブルは御免やね。
結局最後はなんとか話し合いになったけど、婿養子反省の色無し。小学生みたい…
俺に同意を求めてきたりするけど、アンタには同情出来ないな。俺が殴ってやりたかったよ。
しかもおっさんが本社から出頭命令、せんせ~けんかしました~ってか?
もうちょっと身の振り方勉強しろよ、俺より10年は長く生きてるんだから。
孫もいるおじいちゃん相手に本気で喧嘩は情けねえな~。大人になれよ、今更無理か。
というか平穏に過ごしたいのに、周りでトラブル多くてたまらんな。事なかれ主義なんだよ、私は。
ファイナルファンタジーⅤ
結局チョコボに釣られて4~6のサントラ買ってしまった…
視聴出来るようになりましたね、Ⅵのアルテマウェポン戦とかの「死闘」もアレンジ聴けますぜ!
んでとりあえず5から
とりあえずダンジョン音楽は聴いとけ!
ファイナルファンタジー V オリジナル・サウンド・ヴァージョン
作曲は「植松伸夫」氏、もはや有名ですね。

何がお勧めって正直全部お勧めなんですが、とりあえずビッグブリッヂの死闘とか有名ですね、確かにこれは格好良いです。
しかしⅤと言ったらダンジョン系の音楽がとても良い!
タイトルも「ダンジョン」で、洞窟とかで流れてる曲ですが、とにかくフェードが鳥肌立ちますね!
フェニックスの塔だったかな?そこで流れる「暁の戦士」とか泣けますね!これ聴きたいがために鬱陶しい砂漠を越えてわざわざ行ってたですよ。
ラスト前半の「虚空への前奏曲」も大好き、個人的に超技術古代文明とか亜空間とかに弱いし、イメージ的にナイスな曲。
後半「光を求めて」もとっても格好良いので好きですね、ここの敵が経験値くれないのに気付かずに戦いまくって「レベルが上がらねえ!しんりゅう倒せねえ!!」とか馬鹿な事やってたのも良い思い出よ…
ラスボス前半の「決戦」もどんどん変わる展開が痺れる!
第三世界「新しき世界」はフィールド曲の革命ですね、この音楽と飛空挺のプロペラ音がまた合うんですよ。こんな音楽他に無いですね。

全体的に透明感のある感じですかね、イメージ的にもパッケージ絵のシルドラのシルエットのような青な感じします。
このⅤの時期のほかのゲーム音楽とは明らかに一線を画す音楽ですね、凄い創造性と技術だと思います。
フェードがとにかく上手い!もうなんというかじわじわきます。
Ⅲのダンジョン辺りから、植松伸夫氏のイントロからじわ~っと盛り上がる曲が個人的にクセになりましたね~。
実は戦闘音楽は他の作品の方が好きだったりします、とにかくダンジョンとかフィールドは聴くべし。
2枚組みで基本的にはループしますので、Ⅳのような「なんでループしないの!?」みたいな事はないかと。

今考えると、Ⅴとかスーファミ時期のRPGってもの凄く世界が広く感じましたね。
最近はあえて狭くしてたりするけど、全世界を冒険するってのが良いんだけどね~。
ゲームなんだから、わざわざリアルな表現にこだわらなくて、非現実的でも良いんじゃないかと思います。
とにかくフィールドマップを走り回らせろ!
漢なら腕相撲で力を示せ!
男には、男同士にのみ通じるステータスがある。
それは社会的にも、女にも理解されない男の世界。
テストで100点、かけっこで一位…そんなものより遥かに評価されるステータス。
それは様々で、時代によっても変化する。
ファイナルファイトクリアー、ヘルバトラー仲間に成功、オメガ・しんりゅう撃破、、ダークドレアム撃破、豪鬼乱舞(瞬獄殺は我が地元ではこう呼ばれていた)
ママチャリで変速に勝つ、3重跳び、ミニ四駆コース・ゲームギア所持者、ダンボールではなく粗大ゴミで出来た基地、セレッソ大阪のユニフォーム…
そんな中でも、大人になっても時代が変わっても評価され続けるステータス、それが
腕相撲だ!
いくら賢くても、顔が良くても、腕相撲が弱いというだけで男としての評価は低い。
それは社会人になっても同じ、仕事が出来ても出来なくても
「俺はあいつより腕相撲は強い」
という理由だけで優越感を味わう事が出来、実質最強の座を得る事も可能だ。
いくら趣味が合わなくても、これならどんな相手にも挑戦できるし、全ての男達の中で評価される!
人は腕相撲の強い彼をみてこう言うだろう、「あいつ腕相撲強いで」と!
そして腕相撲が強い=力が強くて喧嘩も強い=あいつには敵わないとなる!!

というわけで、今日は腕相撲のコツを教えます。
とりあえずお腹に力を入れましょう、かなり強くなるよ!
んで、体は腕の傾きと同じ様に傾けます。これやらないと腕を痛めます。
スタートダッシュも技としてはあるけど、あまり効果はありません。実際私はスタートは遅いです。
手首を巻き込むのも、やってたら自然に巻き込むので意識しないでも良いかと。
腕は横に倒すのではなく、自分の体に持っていくような感じでやると力入ります。力こぶ作る感じ。
互角と感じたら、少しずるいけど手首をくねくねさすのも微妙に効果あり。

とりあえずこれだけ知っていれば、いつもと全く違う感じで腕相撲が出来ると思います。
とにかく腕ではなく腹に力を入れる、これが肝心です。
キミはもう貧弱なボーヤではない!アームレスリングチャンピオンだ!!!!
チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮がやべえ!
明日発売のWiiのチョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮の音楽が凄い事に今知った!
歴代FFの音楽のアレンジなんですが、選曲といいアレンジ具合といい最強!
といっても視聴でしか聴いてないけど…
FF8のラグナ戦闘BGMアレンジが収録とかもう…これで購入決まったようなもん。Wii持ってないがな。
ほかにも3ボスとか1の街とかなんともマニアックで、選曲した方のセンスを褒めたくなります。
俺はFF音楽が好きだ、むしろ俺はFF音楽を腹の中で聴いて産まれた、という方には大変お勧めだと思います。

しかし私みたいにWiiを持っていないという致命的欠点をお持ちの方はご安心を、
チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮 ORIGINAL SOUNDTRACKが1月23日発売予定!
もはや購入決定。早く聴かせろ!!収録曲も早く教えてくれ!!
フェーリ作った
ふぇーり
ぷよぷよフィーバーチューのフェーリ。
微妙にマニアックなキャラかもしれんが、個人的にかなり好き。
基本的に性格が変で、暴走気味なキャラが好きかもしれん。
あと魔女。
ちなみに手に持ってる物はダウジングロッド。

ぶっちゃけ私、可愛い物好きです。
見た目と趣味が合わないとか言わないでよねっ!

レムレスに近づくモノは私に倒される運命なのよ!本当は可愛いんよ
ちょい修正、フィーバー絵は体の構造が理解し難い…
でも胸元がさっぱりしてしまったので、失敗作も良かったかも。
電子の海、無料配信だ
まあこちらに行って頂ければ早い話なんですが、エスプガルーダとかエロスサングラスの人SOU1さんが、ファーストアルバム「電子の海」の無料配信を開始しました。
エスプガルーダのアレンジとか入ってるので、ゲーム好きな方とか大変お勧めです。宵闇、電子の海は聴くべき!
ヤフオク辺りで商売してる転売屋さんには商売上がったりな事件が起こりましたね。


ニコニコな方はこちらも

おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにしびれる!あこがれるゥ!

ついでにmuzie辺りでも色々と発掘できるので、この際SOU1漬けになりましょう。

なおリンク先では18歳未満の方には相応しくない性的表現が含まれてる可能性もあります。
初代スターフォックスはもっと評価されるべき
何を突然と思うけど、初代スターフォックスは名作です。
とりあえず音楽は全て名曲で、イージーの4面なんかすごく格好良いので是非。

ファミコン並にチープでカクカクなグラフィックを見て、これから本当にポリゴンの時代なんて来るのかよ!やめてくれ!!
など思ったかと思いますが、実際に最近ではそうなってしまったことに驚いた。
そんなことはどうでも良いのですが、実際にこのゲームやってみて、これ以上に面白い3Dシューティングを探してみよう。これが結構見付からなかったりします。
プレステやサターン時代にも沢山の3Dシューティングは出てるし、グラフィックもスーファミのスターフォックスよりは遥かに上。しかしスターフォックスのような緊迫感やスピード感とかを感じられるゲームはあまり無いはず。
初ポリゴンは他にあるとかそんなポリゴンばかり比較されてるけど、実際に内容を確かめて欲しいですね。
むしろこの程度の制限されたポリゴンでの表現で、自由自在に動く戦闘機、狭いビルの隙間、巨大なボス、宇宙戦艦部隊、原始的な惑星、エイや鯨、イカやクラゲやアメーバなど、深海を彷彿とさせる宇宙空間、緊張感溢れる敵戦艦や基地の内部、スピード感溢れる水上や敵基地の周りでの戦闘…もう語りつくせぬほどの名シーンの演出。
そしてこれらを盛り上げる音楽、何度も言うけど初代スターフォックスはマジで名曲。誰かサントラくれ!
シューティングとして評価すると、かなりの名作な位置につくはずなんですがね~。見た目を気にしては本質は掴めません。
マニアックなゲーマーにも、ライトな方にも見向きされにくい立場だったりしますが、この作品で任天堂の技術力を実感しよう。ポリゴンという新技術の目新しさだけに頼らず、本格的に細部まで丁寧に作った素晴らしい作品です。
この後に64で数々の名3Dゲームを作り出せたのも納得いくはず。64のゲームは本当に面白かったです。
バーチャルコンソールでは配信されてないみたいですが、もし配信されたらお勧め!
それより中古屋で探した方が速いか…
なっ!何をするだァーーーッ
「ロマンホラー!-深紅の秘伝説-ジョジョの奇妙な冒険」第一話
ボギャァァ
これって誤植だったのか…
ジョジョだからこれで良いのだと本気で思ってた…
ジョナサンがトチるほどの怒りを表現してるのだと…

次は一話目のタイトルから誤植炸裂の作品
目次では「モンスター現る」
秋田書店発行のサンデーコミックス「鉄人28号」第一巻の第一話。本当は「モンスター現る」
しょっぱなから伝説を作る気か?なんかスパーファミコンとかメガドイブ的な間違いだな。
ちなみに現在の少年サンデーとの関係は不明、ただ名前が一緒なだけかと。
実は建物の中にも入れたりする大きさ
このフランケンっぽいのがモンスーター(違う)、鉄人っぽいのが鉄人28号(アバウト)。
ちなみにこれが鉄人28号初めの作品ではないと思います。
この頃の単行本は結構いい加減だし、これは昭和34年度作品だけど、開始したのが昭和31年らしいです。
このコミックスでは次の敵が、かの有名なブラックオックス。
いや、格好良いね!
リモコン不要で、電波妨害装置で敵を狂わし、指から熱線を撃ち出す!
不乱拳(ふらんけん)博士が作り出した最強のロボットだ!
これがさいきょうのぶき、でんぱぼうがいこうせんだ!これがてつをもとかすねっせんだ!ギルバードとのはげしいうちあい、がんばれブラックオックス!
単純な戦闘能力では鉄人より遥か上。飛行能力が無いだけで、弱点は無し!
鉄人の最大のライバルにして、最大の味方でもある!
所詮ロボット、鉄人との戦いの後は警視庁がネコババしていたのだ!
ギルバードとの激しい戦いの末、その姿を見た者はいない…
ありがとうブラックオックス!!

ってかなんで知らん間に鉄人紹介やねん…
あと私は漫画オタクでもコレクターでもありませんので悪しからず。
「ぐわんげ/エスプレイド」サントラCD、オンラインショップでの販売が決定とか射ウォッチサントラ1名様とか
「ぐわんげ/エスプレイド」サントラCD、オンラインショップでの販売が決定

まあとりあえず、ええかげんにせえと…
あまり私を振り回さないでくれたまえ…
でもこれで無理して東京に行かなくても手に入るみたいで安心ですね!
きっと苦情が殺到したんだ、私も出そうと思ってたし。
発売日は未定らしいですが、たぶんむちむちポークサントラと同じ日になるのでは?
しかし特典が扇子なだけに、これの有無は解りませんね。
イベント会場に来た人だけの特典ってのも大事だと思うし。

派遣予定のマイ・ブラザーですが、結局は行かします♪本人もやる気満々みたいだし。
他にもなんやらかんやら買ってきてもらう予定、デススマカレンダーとか。
20071204191603.jpg
▲弟撮影
しかしHEYに行ってみたいぜ…
ブラザーのHEYの感想が「レイヤーセクション置いてたで!」…
セガ信者としては嬉しいが、そこでそれを声に出すなよ…
そんなシューティング知識が浅いけど、私より上手いという現実。
グラディウス、斑鳩では敵わん。でもCAVEには全く興味ないみたい。


あと、トライアングルサービスの射ウォッチのサントラが、INHから1名のみにプレゼントらしいです!
こちらから行けるホームページから、メールで熱い思いをぶつけろ!!
入手方法はそれしかねえ!!(マジで)締め切りは12月10日(月)

それと怒首領蜂大往生・ブラックレーベル・超絶攻略DVDがセガダイレクトでも取り扱いするみたいです。
それより宮田さんの意見と同じで、家庭用に移植してくれ!
サガフロンティア2の音楽は良いよ
何故か最近再びハマってます。
解れば面白いと思うよ
サガフロンティア2 オリジナル・サウンドトラック
ちなみにこれは再販版

作曲は浜渦正志氏と、シンセサイザーマニピュレイトの山崎良氏
これまでのサガシリーズ作曲の伊藤賢治作品とは全く違う作風です。
浜渦正志氏はガンハザード、アンリミテッド:サガ等も手掛けてるみたいですね。
曲の感じは全然違うけど、ガンハザードは名曲。しかしどの曲を作曲したかは不明…サントラ欲しいな~。
アンリミテッドは近いですね、これが好きなら…まあ聴いてるでしょうね。

全体的に管楽器とピアノが印象的、実はドラムも格好良い!
いくつかの基本的なメロディーをアレンジして、いくつもの曲に繋げているという珍しい手法ですね。
全曲聴いてたら、実は同じところがあったりと結構面白かったりします。
ゲーム内容が物語的で、その物語の場面を様々な雰囲気の違う音楽で盛り上げる感じで、
音楽が主役にならず、バックミュージックとして一貫してる感じもするかな?
クラシック系だけど他の音楽とは全く違ったタイプですので、
RPGの荘厳なオーケストラには飽きたという方には聴いて欲しいかも。
戦いだけでなく、それ以外の人間性を表したイベントが多いので、音楽にもそういった所を感じます。
曲数からして、一つのイベントに一つの曲並の勢いか?だいぶゲームやってないので覚えてないな~。
街の音楽のRomanなんて最強ですね、出だしから良い音楽で盛り上げてくれます。
ダンジョンも色んなバリエーションがあって、どれもお勧め。
雑魚戦は全部同じメロディーで統一されてるけど、どれを聴いても飽きさせないです。
タイトルもFeldschlachtで統一されていて、個人的にはFeldschlacht IIIが最高に好き!
これを聴いてたら、ギュスターヴで船のクリアの方法が解らずにスライム倒しまくってたのを思い出すぜ…
嫌ほど聴いたけど、この音楽が延々と流れるこの船のイベントが好きだし、一番印象に残ってるな~。
Feldschlacht Iはドラムが格好良くて、ウーハーとかで重低音効かすと最強。
Todesengelも凄い、これは聴いてみないと解らんですね。これがラスボスだったっけ?
とにかくラストっぽさ満点の、全てを込めた感じの盛り上がる曲ですね。


とりあえず音楽は良いけど、ゲーム内容からしてサガファンからは色んな反応があった作品。
しかしサガフロ2の音楽は、この作品だったからこそこの音楽だと思います。
でも正直難しいというか、プレイヤー無視な感じは大いにしますね!
攻略本や情報なしで、1プレイ目でのクリアはとても難しいと思います。
やり直しが効かないところが多いし、普通にやってたらハマリ状態に陥ってクリアが恐ろしく困難になる可能性が高いです。
ロマサガや前作のサガフロが自由度高いのに、この作品では自由度など皆無!
物語通りにしか進めないし、自由に行き場所も決められない。
はっきり言って、自由度の低さは歴代RPGの中でもトップクラスだと…
サガシリーズといえば手軽さもあって、何度もクリアしてしまう中毒性もあるけど、
このサガフロ2は、長いし難しいし自由度ないので、一回やったら当分はやる気が起こらんです…
前作サガフロの自由度、手軽さ、派手な戦闘を求めていたファンは大きいショックを受けたはず。
でもサガシリーズとは思わずに、新しいタイプのRPGだと思えばけっこう楽しめますよ~。
アンリミテッドも、理解できれば良作、しかし大衆的にはミンストがお勧めなのは言うまでもないな。
作曲が伊藤賢治は自由、浜渦正志はマニア向けで分けれるかも?音楽もそんな感じです。


プロフィール

やまさん

Author:やまさん
CV.後藤邑子

恐怖の暴走野郎。ぼうずなのは頭の中も暴走しているのに隠す気が無いんだと思う。

所持免許
大型、大型特殊、
フォークリフト、玉掛
セガ信者
相撲狂信者

画像をクリックするとサンプルボイスが聴けたらいいな
スーパーカップ1.5
びっくばいぱ~
へっへへへ…あ、あんたか…驚かすなよ……
そッ、それよりいい儲け話があるんだが乗らないか?
なあに、アンタほどの腕があれば楽な仕事さ!

<br />なっ!?や、やめてくれ!冗談だよ!!
うわッ!ウギャー!!俺の下半身が~~!!!
たわらば!愛してますわ。
だい好きでなんですのぉ。
いっしょー、ついていきますわ~
初音ミク鏡音リン鏡音レン

改良ナマズンゴはいてない
そういちdotto1



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のトラックバック



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



KOYOMI

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



フリーエリア



ザーボンさんのスカウター



プティ・スール

RICKY!RICKY!RICKY!(リッキー!×3) SOU1WORKS ねこまんが倉庫 はむはむソフト ないしょ思春期バナー 電開製作所 葉山の兄貴~! 埼玉最終兵器 光田康典さん Z-Field Billy Sheehan Ayako Saso STUDIO ひせくった 「dBu music」(ディービーユーミュージック、またはどぶみゅーじっくと読みます)はどぶウサギが運営する、音楽コンテンツ配信が中心のサイトです。 七色ビタミン えーでるわいす SHAKE'S DREAM 脳幹の幻影 驚愕抹香鯨団 【Re:Message -キミの声が聞こえるから-】 Söldner-X 戯画『 BALDR SKY 』応援バナー企画参加中! 21世紀ファミコン買えや!!



姉妹の契り

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。